英国10年でカード利用激変(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月26日11:40

10年という時間は貨幣経済史において「点」のようなものである。しかし英国における2005年から2014年の10年は黄金の輝きをもつ点となった。

 

英国カード協会によると、2005年のカード取扱高は2,700億ポンド(約50兆円)だったが、2014年には5,660億ポンド(約104兆円)になった。2倍強の伸びだ。

 

牽引役はデビットカード。取扱件数に占める割合は2005年の58%から、2014年には71%に増えている。

 

オンライン取引も牽引役のひとつ。2014年の取扱件数は13億件、取扱高は1,190億ポンドになった。総取引高の8%に相当する。オンライン取引で最も多かったのはエンタテイメントで4分の1を占める。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop