銀聯モバイル決済強化(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月27日9:00

銀聯が中国モバイル決済市場の巻返しを狙っている。12月13日の日曜日、銀聯は、中国の銀行20行とスマートフォンメーカー、インターネット企業と合同でクイックパス(Quick Pass)の新バージョンを発表した。

 

クイックパスはNFC非接触決済だが、新バージョンは利用時にアプリを立上げなくてもいい。アプリ内決済も可能になった。セキュリティも強化している。

 

スマートフォンにアプリをダウンロードし設定する時間は30秒。決済時間はわずか2秒だという。すでに中国商工銀行は、マクドナルドやガソリンスタンドで5月から実証実験をはじめている。

 

クイックパスは現在Android端末だけに対応しているが、2016年初頭からはApple Payにも対応する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop