ABNアムロが組んだフィンテック(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月30日9:00

オランダの銀行ABNアムロは、バンキングアプリを洗練されたものするため、個人金融管理(PFM)のフィンテックと提携した。

 

スウェーデンのティンク(Tink)がそれ。ABNアムロはグリップ(Grip)という名称でPFMを提供する。

 

利用者のカード利用データを自動的に収集、分析、分類して家計簿管理を可視化する。科目別に予算を設定し、限度を超えるとアラートをあげることもできる。

 

ABNアムロによると、顧客の半数は自分の金融状況をしっかり把握しておきたいと思っているという。また4人に1人は金銭管理がむずかしいと感じている。

 

当初は口座顧客のうち、iPhone利用者1万人でテストし、一般公開する。ティックはスウェーデンのスタートアップで、30万ユーザーを抱えている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop