ストラトス危うい身売り(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月4日9:00

カード型ウォレットで話題を集めたストラトスが身売りした。引受けたのはシーライトワン(Ciright One LLC)だ。

 

サイフの中のクレジットカードやデビットカード、ギフトカード、ポイントカードなどを、1枚のプラスチックカードに統合できるサービスを開発していた。

 

ストラトスはミシガン州アンアーバーのビルも売りに出している。ソーシャルメディアは停止、顧客サポートのリクエストには応答がないという状況だった。

ストラトスは調達がうまくいかず、資金繰りに詰まっていたようだ。これまで調達した金額は663万ドルである。

 

競合のコインやスワイプ、プラスチックもまだ本格リリースしていない。Apple PayやAndroid Payの登場で、カード型ウォレットの旗色は悪くなるいっぽうだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop