インドメーカーもMウォレット対抗(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月6日9:00

インド第2位のスマートフォンメーカであるマイクロマックスは、モバイルウォレットを搭載した新モデルをリリースする。利用者は、送金や受金、割り勘、ギフト、決済などができる。

 

既存機種利用者2,500万人もモバイルウォレットを利用できるよう、ソフトウェアの新バージョンも発表する予定だ。

 

マイクロマックスはこのサービスを提供するにあたり、モバイル決済会社のトランサーブ(TranServ)と提携した。モバイルリテラシーの高い利用者のニーズに順次対応する。

 

AppleやSamsungなどのメーカーは独自ウォレットで顧客の囲い込みをはかっている。マイクロマックスもウォレットで競合に対抗しようとしている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop