欧州での「Samsung Pay」など、NFCモバイルペイメントでジェムアルトのTSH採用が加速

2016年1月7日8:38

VisaやMasterCardがクラウド上で機密データを管理する「HCE(Host Card Emulation)型」への対応を発表したリ、Appleの「Apple Pay」、Googleの「Android Pay」、Samsungの「Samsung Pay」が展開されるなど、この2年弱で世界中のモバイルペイメントは大きな動きをみせている。市場の黎明期から「SIM型」「eSE(embedded Secure Element)型」「microSD型」等のNFCモバイルペイメントの展開を支援してきたジェムアルト(Gemalto)は、カード発行会社にモバイル決済サービス開始への支援を行うワンストップの接続サービス「Allynisトラステッド・サービス・ハブ」(以下TSH)」を提供している。

欧州ではTSH経由でのSamsung Payを展開
「SIM型」「eSE型」「microSD型」「HCE型」「TEE型」に対応

ジェムアルトは、国内主要3キャリアをはじめ、世界中のNFCモバイルペイメントを支援してきた。しかし、「この18カ月でHCEとトークナイゼーション、モバイルウォレットの展開などで大きな変化が見られました」と、ジェムアルト Strategic Partnership and Business Development Pascal DI GIROLAMO氏は説明する。Appleの「Apple Pay」、Googleの「Android Pay」、Samsungの「Samsung Pay」では、イニシアティブがテレコムオペレーターなどから移った。また、テレフォンオペレーターのボーダフォン(Vodafone)やオレンジ(Orange)のペイメントシステムでは、UICCのSIMベースソリューションが使われている。そのほか、NFC以外の動きとしては、JPモルガン・チェースの「Chase Pay」、MCXの「カレンシー(CurrentC)」などでは、バーコードベースのモバイルペイメントが採用された。

ジェムアルト Strategic Partnership and Business Development Pascal DI GIROLAMO氏

ジェムアルト Strategic Partnership and Business Development Pascal DI GIROLAMO氏

「たとえば、SamsungのSamsung Payでは、組み込み型の『eSE型』が採用され、米国と韓国の市場ではHCEで展開されています。フランスでは、TSH経由でのSamsung Payの展開が発表されており、サービスはローンチされていませんが、準備している段階です」(Pascal DI GIROLAMO氏)

欧州では、数多くのHCEのパイロットプロジェクトが展開されている。その多くがイシュアベースだが、プロセッサーが展開するケースもある。

ジェムアルトのTSHでは、カード発行会社に対し、会員のユーザー登録やサービス導入を支援しており、さまざまな方式をカバーする。「SIM型」「eSE型」「microSD型」「HCE型」に加え、スマートフォン本体に搭載されているCPUのセキュリティ領域を利用する「TEE(Trusted Execution Environment)型」にも対応可能だ。

カード発行会社が柔軟性を得られるように設計
トークナイゼーションやHCEでもセキュリティを最大限に意識

カード発行会社はTSHの採用により、サービスの導入がスムーズになり、新規のIT投資を抑えることができるという。また、複数の方式を組み合わせることが可能である。TSHにより、カード発行会社が将来のロードマップにおいて、より柔軟性を得られるようにしており、たとえば、フランスで展開されるSamsung Payにおいて、BNPパリバではUICCのウォレットをオプションで使用する予定だ。

「モバイルのマーケットは、さまざまな技術が台頭していますので、そういったすべてに対応できるようにしています。現状、THSのようなコンセプトはほとんどありません」(Pascal DI GIROLAMO氏)

一部では、SIM型に比べトークナイゼーションとHCEではセキュリティの懸念を挙げる声もある。ジェムアルトでは、かねてからセキュアなシステムを構築しており、TSHにおいてもセキュリティを最大限に意識してトークナイゼーションとHCEへの対応を進めてきたという。

日本では大日本印刷と提携
ノルウェー、台湾など世界中でプロジェクトが進行

なお、日本国内では、最大手の印刷会社である大日本印刷(DNP)と提携。ジェムアルトのTSHによって、DNPの顧客企業は、さまざまなNFCの実装方式に対応でき、柔軟性を兼ね備えたソリューションの採用が可能になるそうだ。DNPでは、NFC搭載スマートフォン等にモバイル決済サービスの機能をネットワーク経由で追加するクラウドサービス「DNPスマートデバイス向けクラウドペイメントサービス」を、2016年春に開始する予定となっている。

現在、ジェムアルトのTSHは、欧州のSamsung Payに加え、ノルウェーのモバイルNFC決済サービス「Valyou」、Taiwan Mobile Payment Co.(TWMP)のNFC決済サービスなど、世界中で採用が加速している。スペインでもHCEでの採用があるそうだ。採用目標は非公表だが、現在、さまざまなプロジェクトが進行しているという。

この記事の著者

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト運営などのサービスを手掛ける株式会社TIプランニングを設立。現在は、ポータルサイトとして「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD (ペイメントワールド)」を運営しています。
書籍の発行、執筆や講演など幅広く行っています。 ツイッター/フェイスブック

page toppagetop