入金照合サービス「消込エクスプレス」のリンクタイプ(ASP)を提供(ペイジェント)

2016年1月7日16:05

ペイジェントは、入金照合サービス「消込エクスプレス」のリンクタイプ(ASP)の提供を2015年12月24日から開始したと発表した。

「消込エクスプレス」は、顧客の決済ごとに個別の口座を自動的に発行することで、振込人の特定作業(消込作業)の負担を軽減させるサービスとなる。顧客と口座番号が紐づけられるため、顧客と氏名が異なる振込人名や同性同名の人など振込人の特定が困難な銀行振込でも、スムーズに消込作業を進めることができるという。また、同サービスは100口座から提供しており、個人事業主の方も利用が可能だ。

今回新たに提供を開始したリンクタイプ(ASP)を利用することで、事業者はより短い期間で「消込エクスプレス」を導入することができる。

入金照合サービス「消込エクスプレス」の仕組み(出典:ペイジェントのプレスリリース)

入金照合サービス「消込エクスプレス」の仕組み(出典:ペイジェントのプレスリリース)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop