キャッシュレススウェーデン(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月10日20:07

スウェーデンの大手銀行の半数以上は現金を保管せず、現金での預金も受付けていない。ATMは数百台規模で解体されている。特に地方では。

 

現金輸送もないため、スウェーデンは銀行強盗にとっては稼げない国になっている。

 

国際決済銀行(BIS)によると、スウェーデンの銀行が保有している現金は2010年87億クローネから、2014年には36億クローネに減っている。

 

ユーロモニターによると、2015年のスウェーデン経済に占める現金の割合は2%になった。これは価値の比率。トランザクション件数では依然として消費者決済の20%を占めている。

決済の主流になっているのはカードである。2013年のクレジットとデビットカードのトランザクション件数は24億件。15年前は2.13億件だった。15年で11倍になっている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop