2016年ネシアのEコマース予測(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月11日9:00

インドネシアのEコマースは2015年の2倍になる。インドネシアEコマース協会(idEA)は、そう予測した。

 

2015年は10兆ルピアだったが、2016年には20兆ルピア(約150万ドル)になる。額はごくわずかだが、伸び率はすごい。

 

成長要因はインターネットとスマートフォンの普及。2016年のオンラインショッパーは1,000万人になるとみている。

 

インドネシアでは、2015年末までに3,400万台のスマートフォンが出荷された。2015年初頭では2,800万台という見込みだった。

 

オンライン売上はインドネシア経済の牽引車になる可能性がある。現在はまだ0.7%に過ぎないが、2020年までには5%になると予測している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop