ANAの新自動チェックイン機でクラウド型決済プラットフォーム「シンカクラウド」が採用(TFPS)

2016年1月14日23:06

トッパンフォームズのグループ企業であるTFペイメントサービス(TFPS)は、クラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud/シンカクラウド」が全日本空輸(ANA)に採用され、ANAが就航する国内51空港において順次導入が開始されたと発表した。導入は2015年度中に完了する予定だ。

今回導入されたサービスでは、小型化した新自動チェックイン機にトッパンフォームズ製の電子マネーリーダー「TC63CUT021」が採用された。また、省スペース化と同時にシンクライアント型の特長である低コストでの電子マネー決済を実現したという。

現在、同端末では「楽天Edy」による電子マネー決済での支払いが可能だが、ソフトウエアの更新だけで、「シンカクラウド」に対応する各種電子マネーも利用が可能になる。また、電子マネーリーダーとして搭載されている「TC63CUT021」はNFC技術に準拠し、ソフトウエアの更新によって住民基本台帳カード、および個人番号カード(マイナンバーカード)が対応可能で、今後のマイナンバーの利用範囲拡大に伴う新しいサービスへの展開にも対応することができるそうだ。

トッパンフォームズグループは「シンカクラウド」を中心にNFC関連事業を成長させ、2017年度に20億円の売上を目指す。

ANAの新自動チェックイン機(出典:TFPS)

ANAの新自動チェックイン機(出典:TFPS)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop