よみがえるコイン(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月21日9:00

サイフの中のカードを1枚のカードに集約するディバイスを開発したコイン(Coin)が新たなフェイズにはいった。カード型ウォレットの技術を活用したウェアラブルでMasterCardと提携したのである。

 

カード型ウォレットは30万枚を販売しているが、類似のプラスチック(Plastc)やストレートス(Stratos)、スワイプ(Swyp)などに押され気味だった。

 

MasterCardとの提携は、フィットネスバンドやスマートウォッチ、ウェアラブルなど広範囲にわたる。フィットネスではアトラスウェアラブル(Atlas Wearable)が製作したバンドに、スマートウォッチではオメイト(Omate)の商品にコインの決済技術をとりいれる。

 

コインはMasterCardのMDESを組みこんだディバイスやソフトウェアを提供する。フィンテックベンチャーのコインはその技術力とスピードを買われた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop