MasterCardがIoT決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月22日9:00

冷蔵庫の中身をスマートフォンで確認。足りない商品をモバイルコマースで購入する。その決済でMasterCardがサムスンと提携した。冷蔵庫に取りつけられたスクリーンからも購入できる。

 

インターネットに接続された冷蔵庫は、サムスンのファミリーハブ(Family Hub)という名称。IoTである。MasterCardラボとサムスンが共同開発した。

 

決済に加え、食材リストやショッピングカートの作成、管理、編集が簡単にできる。

 

利用者はショッピングカートに商品を加え、最終のショッピングリストができあがると、4桁のPINを入力して承認。米国発行のクレジットやデビットカードを登録しておけば、ワンタップでチェックアウトできる。

IoTでの決済が俄然おもしろくなってきた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop