M送金で10億ドル達成へ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月23日9:00

1,200億円という送金額はそれなりのインパクトがある。モバイル送金を提供する米国のレミトリー(Remitly)は、2015年12月の送金額から年間の送金額が10億ドルになると発表した。

 

12月のピークは14日の月曜日。12月単月の送金額は1月の4倍強になった。米国から送金できるのはフィリピン、インド、メキシコ。この3カ国だけで10億ドルを達成した。

 

モバイルで簡単に送金できる利便性と、手数料の安さが受けている。平均手数料は送金額の8%だ。

 

とはいえ、世銀によると2015年の国際送金額は6,010億ドル。レミトリーのシェアはわずか1.7%にすぎない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop