現金いまだに主流(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月27日9:00

カード大国の米国で現金がいまだにはびこっている。小額決済での現金利用者は約70%という結果がでた。

 

5ドル以下の取引では77%が現金。借りた金を返す時やチップも78%が現金だ。

 

コンビニでの支払手段では63%が現金、デビットカードは41%。アイスクリームショップなどのスナック店では現金が67%、デビットカードが37%だった。

 

レストランでの支払は53%が現金、48%がクレジットカード。スモールビジネス商店でも49%が現金で、43%がクレジットカードだった。

 

現金利用者の年齢は高齢者にあらず。ミレニアルズと呼ばれる若年層だった。調査したのはカードトロニクス(CardTronics)、全米の消費者1,000人強を対象にしたものである。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop