従業員融資で明るい職場を(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年1月28日9:00

ロンドンを本拠にするフィンテックベンチャーのネイバー(Neyber)は、従業員向けの融資サービスをスタートした。B2B2Eモデルである。

 

企業は従業員の福利厚生を手厚くしている。そうしなければいい人材が集まらない。ヘルスケアの充実とともに、いま金銭管理の重要性が高まっている。

 

企業の従業員向けのこのサービス。金利は市中金利より安く、簡単に借りられる。返済はサラリーから自動的に引落とされるのが特徴。

 

ネイバーでは2016年末までに1億ポンド(170億円)の融資を目論んでいる。借金の返済で仕事に手がつけられない、という悩みを解消すれば、明るい職場環境をつくれる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop