京都駅ビルを舞台としたICOCA電子マネー10周年記念企画を実施(JR西日本)

2016年1月25日20:14

JR西日本は、2015年10月1日にサービス開始から10周年を迎えた「ICOCA電子マネー」において、2月は京都駅ビルを舞台としたICOCA電子マネー10周年記念企画を実施する。

2月1日~2月29日まで、京都駅ビルグルメフェア2016&ICOCA電子マネー「ICOCAでプレゼントキャンペーン」を実施。期間中に、対象店舗で合計500円(税込)以上利用したICOCAなどの交通系ICカード(モバイルSuicaを除く)を、利用当日中に抽選会場の専用抽選機にタッチすると、抽選でICOCA電子マネー10周年記念グッズがプレゼントされる。

抽選でICOCA電子マネー10周年記念グッズのいずれかをもれなくプレゼント(出典:JR西日本)

抽選でICOCA電子マネー10周年記念グッズのいずれかをもれなくプレゼント(出典:JR西日本)

また、2月は京都駅ビル大階段「グラフィカル・イルミネーション」に「カモノハシのイコちゃん」が登場。京都駅ビルの「大階段」(高さ35メートル、171段)に設置された1万4,750個のフルカラーLEDを駆使して京都の伝統文化や季節の催事を表現し、京都の夜を華やかに彩る京都駅ビル大階段「グラフィカル・イルミネーション」だが、2月はバレンタインなどの季節のイルミネーションに加え、「カモノハシのイコちゃん」のイルミネーションが登場し、ICOCA電子マネー10周年を盛り上げるそうだ。

さらに、2月は「京都茶寮」で「カモノハシのイコちゃん」のオリジナル和菓子と抹茶のセットを販売するという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop