「ポンパレモール」がtensoと中国語圏・英語圏向けECサイト「Ponparemall JAPAN」を開始(リクルート)

2016年1月27日19:56

リクルートライフスタイルは、同社が運営するオンラインショッピングモール「ポンパレモール」において、国内 EC サイトの海外発送をサポートするtensoと共同で、中国語圏・英語圏向けECサイト「Ponparemall JAPAN」の運営を2016年1月27日より開始したと発表した。これにより、「ポンパレモール」出店店舗は「Ponparemall JAPAN」を通じて、70万人以上の会員基盤を持つtensoが運営する海外転送・代理購入サービス「Buyee(バイイー)」の世界84の国・地域の会員(2015年12月末時点)向けに、新たに手数料や商品登録の手間など一切なしに、 商品を紹介・販売ができるようになる。

取り組みの概要(出典:リクルートライフスタイルとtensoのプレスリリース)

取り組みの概要(出典:リクルートライフスタイルとtensoのプレスリリース)

同取り組みを通じて、「ポンパレモール」出店ショップは、全く手数料や手間なしに「Ponparemall JAPAN」出品が可能だ。個別の出店店舗では対応が難しかった商品情報の翻訳、決済、配送、CS対応を「Ponparemall JAPAN 」が行うことで、出店店舗はこれまでと体制を変えることなく海外ユーザーへの販売可能性を高めることができるという。

また、「Ponparemall JAPAN」に出品された商品は、『Buyee』の世界84の国・地域の会員が購入することができる。「Buyee」は中国語圏・英語圏の会員が多く、これまで『ポンパレモール』では買い物できなかった人にも、「Ponparemall JAPAN」を通じて商品を購入してもらえるようになる。

なお、「Buyee」は海外ユーザーの決済手段がクレジットカードに加え、PayPalやAlipayなどにも対応している。手数料は海外ユーザーが負担するため、EC事業者は無料で「Buyee」を利用することが可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop