エクスプレス会員以外でも交通系ICカードでチケットレスサービスが利用可能に(JR東海/JR西日本)

2016年1月28日19:09

JR東海とJR西日本は、スマートフォン等で東海道・山陽新幹線の指定席を予約・クレジット購入し、新幹線改札において交通系ICカードをかざすことで予約した本人確認を行い、乗車できる新しいチケットレスサービスを、2017年夏を目標に導入することに合意したと発表した。

エクスプレス会員向けの「EXサービス」は、指定席のネット予約と会員専用ICカードによるチケットレス乗車が可能だが、新しいチケットレスサービスでは、この機能をそのままに、会員以外や、外国人旅行者でも、交通系ICカードを用意すれば、新幹線をチケットレスで利用可能だ。

具体的には、スマートフォンやPCから手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録してもらう。その際に、クレジットカード会社への申し込みは不要で、年会費は無料だ。また、TOICAやICOCAなど、全国相互利用対象の交通系ICカードで東海道・山陽新幹線はもちろん、在来線との乗り換えにも、スムーズに利用できるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop