「WeChat Payment」を2月1日より3店舗で導入(ロフト)

2016年1月29日19:07

ロフトは、中国最大のSNSサービス「WeChat」が展開する決済サービス「WeChat Payment(微信支付)」を、ネットスターズを通じて中国旅行客の来店が多い3店舗(渋谷ロフト、有楽町ロフト、なんばロフト)に2016年2月1日より導入すると発表した。

ネットスターズは、WeChatを運営する騰訊控股有限公司(テンセントホールディングス、)のグループ企業を代理して、同決済サービスを運用しているのをはじめ、越境ECサービスや集客キャンペーンなどさまざまなインバウンドソリューションを提供している。

今回のサービス導入にあたっては、三井住友信託銀行の信託スキームを用い、決済された資金の分別管理を行い運用する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop