ミャンマー大手銀行3行とJCBカード発行で合意(JCB)

2016年2月1日23:26

国際ペイメントブランド運営主体であるジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、Ayeyarwady Bank(AYA)を皮切りに、Co-Operative Bank(CB)、Kanbawza Bank(KBZ)のミャンマー計3行とJCB カードの発行について合意したと発表した。 MPU (Myanmar Payment Union)のメンバー銀行である各行は、 2016 年3月以降、ミャンマーにおいて順次JCB デビットカードの発行を開始する予定だ。

ミャンマーは中央銀行の指導の下、 カード決済のインフラ整備が進んでいる。今回の各行との提携は、新興メコン地域諸国を中心としたアジアでのブランド会員基盤の強化をしたいJCB と、 国際ブランドとの提携によりMPUカードの利便性の向上を目指すMPUおよび傘下の各行との狙いが合致し、 実現したという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop