24Kのクレジットカード(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年2月16日9:00

カードといえばプラスチック、という通念を破ったカードが登場した。カーボンに金属加工したカードだ。発行したのは米国のラグジュアリーカード(Luxury Card)である。

 

ラグジュアリーカードのターゲットは富裕層。3種類のカードを発行した。一番上位となるのがゴールドカードで、カーボンをベースに24Kのゴールド仕上げ。年会費は995ドルだ。

 

中クラスはブラックカード。カーボンをベースにしたブラックのステンレス仕上げで、年会費は495ドルである。標準クラスはチタニウムカード。これもカーボンをベースにステンレスのブラッシュ仕上げをほどこしている。年会費は495ドルだ。

 

メタルカードといえば、Amexのブラックカードは本物のチタニウムを使っていた。カードそのものの素材によって、顧客のロイヤルティは高まるのだろうか。年会費を払ってでももちたいと思うのだろうか。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop