『G2A.com』においてWebMoney決済を提供(ウェブマネー)

2016年2月18日23:02

電子マネー「WebMoney」を発行するウェブマネーは、G2A.com Limited(本社:香港、代表取締役:Bartosz Skwarczek、以下「G2A」)が展開する、デジタルマーケットプレイス『G2A.com』において、2016年2月8日よりWebMoney決済サービスの提供を正式に開始した。

『G2A.com』は、香港を拠点としたデジタルマーケットプレイス。世界主要PCゲームプラットフォームで利用できる、ゲームのデジタルコードを販売、2014年には600万人を超えるユーザーが利用している。

同サイトではユーザー間でデジタルコードの売買が可能であり、購入したデジタルコードをゲームクライアント上で入力すると、ゲームタイトルがダウンロードできる。販売者が値付けを行うため、購入者は通常よりも安価でデジタルコードを購入することができる。また、全ての商品取引にG2Aが介在する。

G2Aは、2015年より本格的に日本におけるマーケット拡大に着手。その施策の1つとして、このほど『G2A.com』内での支払いにWebMoneyを導入することになった。これにより、『G2A.com』の決済画面でWebMoneyを選択し、16桁のプリペイド番号を入力するだけで、個人情報を入力することなく利用できる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop