ポイントシステムと連携可能なID-POS 分析サービス「ValueFront Analytics」を提供(富士通FIP)

2016年2月26日20:01

富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)は、顧客情報と商品購買情報を掛け合わせたID-POS データを分析するクラウド型の新サービス「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront Analytics(バリューフロント アナリティクス)」を、小売業に向けて、2016年2月26日より提供を開始すると発表した。

「ValueFront Analytics」サービスイメージ(出典:富士通FIPのプレスリリース)

「ValueFront Analytics」サービスイメージ(出典:富士通FIPのプレスリリース)

昨今、ID-POS データは、顧客起点のマーケティングをする上で注目を集めている。ID-POS データを分析して顧客の購買行動を把握し、期待に沿った商品の品揃えや嗜好に合わせたキャンペーン情報の提供など、自社顧客の期待に応える施策を講じることで、顧客との強固なリレーションを構築する事が可能になる。しかし、従来の自社導入型の分析システムは、どのような項目を分析すれば良いか分からない、価格が高額である、システムの運用に手間がかかる、などの問題があったという。

ValueFront Analyticsは、顧客動向分析やリピート分析など、小売業でのID-POS 分析に有効な26種類の分析テンプレートを用意したクラウド型サービスとなる。分析結果は、グラフなどを用いて分かりやすい画面で表示できるほか、きめ細かいレポートとして出力することが可能だ。これにより利用店舗は、データを有効に利活用して、顧客の期待に沿った品揃えやプロモーション施策などにつなげることが可能になる。

さらに、BIツールとして定評のあるMicroStrategy を使用している。また「ValueFront Analytics」は富士通グループのデータセンターで運用されているクラウド型のサービスとなる。このため、利用実績に沿った価格でサービス利用をできる上、データ容量の増加に伴うシステム増強作業や、日々のシステム運用による手間から解放されるという。さらに、ビッグデータ基盤として注目されている米Pivotal 社製のHadoop 製品を採用した大容量DWH により、テラバイト級データも高速に集計・分析できる。また、富士通FIPのポイントサービス「ValueFront ポイントサービス」のもつ顧客情報やポイント履歴と自動で連携が可能だ。

同サービスは、まず小売業向けのサービスとして提供を開始し、今後、他の業種向けの分析メニューも拡充していく予定だ。

富士通エフ・アイ・ピー株式会社

富士通FIP

〒105-8668
東京都港区芝浦1-2-1
シーバンスN館

富士通エフ・アイ・ピーが提供するギフトカードサービスは、ギフトカードのみならず、ハウス電子マネーにもご活用頂けるSaaS型サービスです。導入サポートから残高管理、カード発行に至るまでワンストップでサービスを提供しており、国内最大級の実績ある高信頼サービスです。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop