「Kids Smile QUO カード」の支援先として2基金を追加(クオカード)

2016年3月2日21:30

全国共通のプリペイドカード「QUOカード」を発行するクオカードは、東日本大震災被災地の子どもたちを笑顔にする活動への寄付(1枚あたり50円)がついた「Kids Smile QUOカード」(キッズ スマイル クオ・カード)の新たな寄付先として、2016年3月より「公益社団法人ハタチ基金」と「公益財団法人みちのく未来基金」の2基金を追加すると発表した。

Kids Smile QUOカード(出典:クオカードのプレスリリース)

Kids Smile QUOカード(出典:クオカードのプレスリリース)

同社では、東日本大震災被災地の子どもたちを笑顔にする活動を支援することを目的に、2011年7月より同カードの前身となる「JCV 子どもの笑顔プロジェクト QUO カード」の発行、2013年12月より同カードの発行を行ってきた。

東日本大震災発生から間もなく5年が経過するが、同カードの発行に基づく寄付金を毎月現地の活動団体に届けている過程において、現地で支援活動をする団体が年々減少している一方で支援を必要としている子どもたちがまだ多くいること、同カードを通じた活動を継続してほしいという声が多数あるという。

そのような声を受け、同社では同カードの発行継続に加え、支援対象となる子どもたちの年齢をこれまでの未就学児中心の年齢層からさらに広げ、より多くの被災地の子どもたちを笑顔にするために①子どもたちに学び・自立の機会を提供するために、復興状況や現地のニーズに合わせて支援活動をしている団体へ助成を行っている「ハタチ基金」と、②震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に大学・短大・専門学校へ進学するとき、学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援する「みちのく未来基金」を新たな寄付先とすることを決定した。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop