つぶやきマーケティング~140字の伝搬効果がマーケティングに新天地を開く~

2010年9月1日15:41

つぶやきマーケティング
☆☆☆140字の伝搬効果がマーケティングに新天地を開く☆☆☆

 日本カードビジネス研究会 代表 佐藤 元則

●増殖する「つぶやきコミュニティ」

世界中でつぶやきコミュニティが急拡大している。ツイッター(twitter)が生みだした、ゆるやかなコミュニティである。

このコミュニティに参加するために、特別な資格が必要なわけではない。140字以内でつぶやく、というルールがあるだけだ。

日常生活をつぶやき、スポーツについてつぶやき、タイムセールや特売品情報をつぶやき、またあるところでは専門知識についてつぶやきあっている。

ツイッターコミュニティの増殖は、世界的潮流である。2009年5月の利用者は3,550万人だったが、2010年3月には1億人を突破。5月には1億2,200万件の登録者となっている。

特に4月からは新規加入者数が1,000万人を超え、増加数が加速している。1年で総登録者数が3倍強というのは驚異的だ。

日本のツイッター利用者はさらに過激に急伸している。2009年4月には、ツイッターの月間利用者数はわずか2万人弱だった。それが今年の5月には1,000万人を超えて増えつづけているのである。

つぶやきが、つぶやき仲間を呼び、さらにそのつぶやきが、連鎖的につぶやきを拡大する。その結果、アクティブなインターネット利用者に占める日本のツイッター利用者比率は、16%を超えた。米国は10%だから、日本のツイッター化は足が速い。

われわれカード・クレジット業界は、もはやツイッターというメディアを無視するわけにはいかなくなった。

■続きはNCBレポート9月号で

page toppagetop