モバイル送金2019年の利用者数急増(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年3月10日9:00

国際送金は銀行よりモバイル。個人間の割り勘や支払いはモバイル送金。米国若年層にモバイル送金とたずねれば、Venmo(ベンモ)という答えが返ってくる。

 

モバイル送金はフィンテック分野でもホットなトピックスである。この市場はどれくらいの規模になるのだろうか。国際的な分析会社オーバム(Ovum)は、P2Pモバイル送金市場を予測した。

 

2014年のモバイル送金利用者は世界で2億人弱。2015年は3億人で、2019年には16億人になると予測している。利用者数の成長要因は、国内個人間送金利用者が増えること。

 

2014年の送金額は152億ドル。2019年には2,709億ドルで、20倍弱になる。国際送金がモバイル送金額の伸びの要因だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop