山陽新幹線の車内販売でクレジットカードが利用可能に(JR西日本等)

2016年3月17日20:21

JR西日本、JR西日本フードサービスネット、ビューカード、トヨタファイナンス、ジェーシービー、三菱UFJニコスは、2016年3月26日より、山陽新幹線の車内販売での支払いにクレジットカードを利用できるサービスを導入すると発表した。対象となる列車は、山陽新幹線(新大阪~博多間)「のぞみ号」、「ひかり号」、「みずほ号」、「さくら号」となる。

これにより、2015年3月よりサービスを開始したICOCAなどの交通系電子マネーのほかに、各種クレジットカードが利用できることになり、これまで以上にキャッシュレスかつスピーディーに支払いすることが可能となる。

なお、利用できるクレジットカードは、J-WESTカード、ビューカード、Visa、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、TS CUBICカード、MUFGカード、DCカード、UFJカード、NICOSカードとなる。

また、山陽新幹線でクレジットカードサービス導入することを記念して、車内販売での支払いに、JR西日本が発行する「J-WESTカード」を利用した人へノベルティをプレゼントするキャンペーンを実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop