インドでバブルのモバイル決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年3月23日9:00

インドのモバイルウォレットが13億人という人口を背景に、急伸している。インド政府が推進しているデジタルインディア(Digital India)も後押ししている。

 

スマートフォンやタブレットは2020年まで年率30%の勢いで成長。モバイル決済取扱高は2011年8,600万ドルから、2016年には11.5億ドルになると予測している。年率68%の伸びだ。

 

インドのモバイルウォレットといえば、ペイティーエム(Paytm)。すでに1億人強の利用者をかかえている。VisaやMasterCardのカード保有者合計よりも多い。投資家はこの成長性に目をつけ、手ぐすねを引いて待っている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop