電子決済は経済を加速する(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年3月25日9:00

2011年から2015年までの5年間、電子決済システムへの移行によって、世界70の国と地域のGDPにおおよそ2,960億ドルの上積効果があった。この間、商品やサービスの家計支出は年率0.18%の伸びである。

 

電子決済とはクレジット、デビット、プリペイドカードの利用である。発表したのはVisa。Moody’s Analyticsが調査した。

 

実質的な経済効果だけでなく、電子決済は新たな雇用も生み出している。5年間で約260万人の新規雇用を創出した。

 

カード利用によってタイではGDPが0.19%増加。ベトナムは0.14%、シンガポールは0.1%GDPが増えている。ついで台湾が0.09%とつづく。台湾の電子決済取扱高は18.7億ドル増えた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop