フランスではデビットカードが主役(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年3月26日9:00

2019年までにフランスの決済手段として最も好まれるのは、デビットカード。Timetricの調査によると、使いすぎの心配がないという認知が高まり、現金が主流だった少額決済にもデビットカードを使うようになっていることが要因だ。

 

2015年のデビットカード取扱高は4億ユーロ強、取扱件数は840万件だった。それが2019年までに取扱高は4.3億ユーロ、取扱件数は940万件になると予測している。

 

期待するほど大きな伸びになっていないのは、デビットカード市場が飽和状態になっているからだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop