IT人材の解雇と雇用(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年3月28日9:00

米国大手流通のノードストロムは、120人のITスタッフを解雇する。長期リストラ計画の一環ということだが、オムニチャネル戦略がうまく機能していないからだろう。

 

リアル店舗に依存するビジネルモデルでは、モバイル時代に対応できない。オンラインとリアルの融合が欠かせないにもかかわらず、ITスタッフを手放すというのは、よほどのことであろう。

 

いっぽう、英国銀行のRBS(ロイヤルバンクオブスコットランド)はITを推進するために、投資アドバイザーなど550人を解雇する。フィンテック分野のなかでも、ロボアドバイザーに注力するためだ。

 

人工知能のロボアドバイザーであれば、有人の投資アドバイザーより将来的にコストを削減することができる。オンラインでパーソナルなアドバイスが可能になる。

 

ITとハサミは使いよう。利用目的と使い方が重要だ。石を切るのにハサミは向かない。爪を切るには爪切りであって、裁ちバサミではない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop