静鉄グループの「LuLuCa」が今秋から電子マネーとして利用可能に

2016年3月22日20:23

静岡鉄道、しずてつジャストラインは、2016年秋より静岡鉄道静岡清水線およびジャストラインバス一般路線で利用されている交通チャージ金を使い、静鉄ストア(食品スーパー)や新静岡セノバ(ショッピングセンター)で買い物ができるように電子マネー機能を新たに追加すると発表した。

同機能の追加により、交通チャージ金を電車・バス・食品スーパー・ショッピングセンターと多業種に渡って利用でき、移動も買い物もカード1枚で行うことができるようになる。

また、利用に応じて0.5~5%のポイントが付き、貯まったポイントは500ポイントごとにポイントギフト券(500円分)と交換できる。静鉄グループが2006年より発行しているLuLuCa(ルルカ)カードは、交通乗車、電子マネーおよびショッピングポイント機能を兼ね揃えた地域密着型カードとして、今後静鉄グループ内だけでなく、静岡市中心市街地等で広く利用できるカードを目指すという。同カードは、搭載機能によって、「ルルカプラス」、「ルルカバレッタ」、「ルルカパサール」、「ルルカポイント」の4種類がある。静鉄グループが展開する店舗を中心に利用でき、カード4種類の合計で約40万枚を発行している。

まずは、静鉄ストア全店、新静岡セノバ、Den billで利用でき、随時拡大を予定している。利用できるカードは、交通乗車機能が付いたルルカパサール・ルルカプラスとなる(約25.2万枚発行)。

LuLuCaの告知(出典:静岡鉄道としずてつジャストラインのプレスリリース)

LuLuCaの告知(出典:静岡鉄道としずてつジャストラインのプレスリリース)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop