「eレールポイント」も貯まるJR九州スマートフォンアプリを共同企画開発(JR九州/JR九州エージェンシー/Showcase Gig)

2016年3月22日21:10

JR九州、JR九州エージェンシー、Showcase Gigは、JR九州の公式スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」を共同で企画開発したと発表した。

左から「JR九州アプリ」のトップ画面、スタンプコレクション画面の一例。同アプリは、2016年3月15日から、「App Store」(iOS版:iOS 8.0以上に対応)、「Google Play」(Android版:Android OS 4.1以上に対応)でダウンロードが可能となっている(出典:JR九州、JR九州エージェンシー、Showcase Gig)

左から「JR九州アプリ」のトップ画面、スタンプコレクション画面の一例。同アプリは、2016年3月15日から、「App Store」(iOS版:iOS 8.0以上に対応)、「Google Play」(Android版:Android OS 4.1以上に対応)でダウンロードが可能となっている(出典:JR九州、JR九州エージェンシー、Showcase Gig)

「JR九州アプリ」は、「JR九州インターネット列車予約サービス」での列車予約や時刻・運賃検索、JR九州運行情報など基本的な鉄道アプリ機能に加え、“JR九州の鉄道”を楽しめるゲーミフィケーション機能を提供するという。

同アプリを利用すると、九州新幹線・特急列車をはじめとする列車予約はもちろん、予約を伴わないアプリの起動やインスタントウィンでも、JR九州が提供する「eレールポイント」を入手可能だ。「eレールポイント」は共通ポイント等への交換も可能なポイントサービスであり、鉄道利用時に限らず、日常でもアプリを利用したくなる仕組みを導入しているという。

また、予約回数や予約になった新幹線・特急列車に応じてスタンプが付与されるなど、コレクションとしての要素もあり、九州在住の方のみならず、九州への旅行者や鉄道ファンも楽しめる要素を盛り込んでいるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop