スクエアQ4収益アップ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年3月29日9:00

スクエアは2015年11月のIPO以降初の決算を報告した。2015年第4四半期の売上は49%アップして3.74億ドルになった。

 

スクエアによると、収益は決済トランザクション、ソフトウェア、データサービスなどすべてのカテゴリーで伸びた。

 

しかし、最終損益は8,050万ドルの損失。前年同期は3,710万ドルの損失だった。このなかには、優先株の配当3,220万ドルが含まれている。

 

第4四半期の取扱高は102億ドル。前年同期より47%アップした。稼動加盟店数は200万件である。年間取扱高12.5万ドル以上の中堅以上のマーチャントは全トランザクションの39%をしめている。前年同期比33%増だ。

 

マーチャント向けの前払いサービスであるSquare Capital(スクエアキャピタル)の供与額は4億ドルを超えている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop