フィンテックJumioが民事再生へ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年4月3日9:00

カードにスマホをかざすと、カード番号やIDをスキャンするサービスを提供していたジュミオ(Jumio)が民事再生法(Chapter 11)を申請した。

 

ジュミオの顧客にはユナイテッド航空やエアービーアンドビー、ギフトなどがあり、フィンテックベンチャーとして注目されていたが、行き詰まった。投資家で有名なアンドリーセン・ホロウィッツも出資している。

 

なぜ破綻したのか。カードスキャンサービスの競争が激化し、戦えなくなったからだ。競合にはペイパルが買収したカード・アイオーがあり、直近ではApple Payのスキャンが大きく影響した。

 

もうひとつは前任のCEOであり創業者が起こした不透明な会計処理という問題もあった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop