京都市にF-REGI公金支払い を導入(エフレジ/三菱UFJニコス/JCB)

2016年3月30日20:50

エフレジは、京都市に、インターネット各種税金収納システム「 F-REGI公金支払い」を提供すると発表した。京都市は、三菱UFJニコスおよびジェーシービー(JCB)を指定代理納付者に指定し、インターネットを利用した個人市・府民税(普通徴収)、固定資産税(土地・家屋)・都市計画税、固定資産税(償却資産)、軽自動車税のクレジットカード納付の受付を2016年4月1日より開始する。

京都市における個人市・府民税(普通徴収)、固定資産税(土地・家屋)・都市計画税、固定資産税(償却資産)、軽自動車税の納付方法は、従来、金融機関等での窓口納付もしくは口座振替に限られていたが、このほどインターネット上でクレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)を利用した納付方法を追加する。

利用者はパソコン・スマートフォンなどで、京都市ホームページからクレジット納付用サイトにアクセスし、納付書を確認しながら必要事項を入力することで、クレジットカード納付手続きが可能だ。同サービスの導入により、24時間場所を問わず納付することが可能となる。また、クレジットカード会社が提供するポイントも付与される。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop