大阪府豊中市と提携し、「とよなかマチカネWAON」を発行(イオン)

2016年3月30日21:03

イオンは、大阪府豊中市と2016年3月30日に「地域連携協定」を締結したと発表した。

同協定に基づき、イオンと豊中市は、ご当地WAONカード、空港を活かしたまちづくり、文化・スポーツの振興、地産地消・地域商業活性化に関することなど計13項目においてより緊密な連携を図り、地域の一層の活性化、市民サービスの向上を図るという。

「とよなかマチカネWAON」。カードの表面には、豊中市キャラクター「マチカネくん」を起用し、豊中ローズ球場でプレーするなど、「高校野球発祥の地・豊中」ならではのデザインとなっているという。裏面には大阪国際空港のほか、豊中を代表するスポットの写真を掲載(出典:イオン)

「とよなかマチカネWAON」。カードの表面には、豊中市キャラクター「マチカネくん」を起用し、豊中ローズ球場でプレーするなど、「高校野球発祥の地・豊中」ならではのデザインとなっているという。裏面には大阪国際空港のほか、豊中を代表するスポットの写真を掲載(出典:イオン)

同協定の取り組みの第一弾として、イオンは4月1日から、「とよなかマチカネWAON」を発行する。まずは近畿・北陸エリアのイオン・ダイエー・グルメシティ・マックスバリュ豊中緑丘店等、約200店舗にて販売を開始し、順次全国のイオン店舗で販売を予定している。カードの販売目標は3万枚。

イオンは、全国のWAON加盟店で同カードを使って支払われた金額の一部を豊中市に寄付し、豊中市の市民スポーツの振興に役立ててもらうという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop