中央大学生活協同組合員証とクレジットカードの一体型の「中大CO-OPカード」発行(オリコ)

2016年4月1日20:30

オリエントコーポレーション(オリコ)は、中央大学生活協同組合と提携し、組合員証とクレジットカードが一体となった「中大 CO-OPカード」の新規募集を2016年4月1日より開始すると発表した。

中央大学のシンボル「白門」を券面にデザインした「中大 CO-OPカード」(出典:オリコのプレスリリース)

中央大学のシンボル「白門」を券面にデザインした「中大 CO-OPカード」(出典:オリコのプレスリリース)

同カードのデザインは、中央大学のシンボルの1つである白門をイメージしており、多摩・後楽園・市ヶ谷のすべての売店で利用可能だ。また、コンビニエンスストアやスーパー、ガソリンスタンド等さまざまなシーンで利用できる後払い式電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブルで搭載しているそうだ。

なお、国際ブランドはMasterCardを付帯しており、年会費は大学在学中が無料、卒業後 が1,350円(税込)となる(年間1 回以上のカードショッピング利用で翌年度の年会費は無料)。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop