「ナポリ」「ナポリス」「ドロップ」など7ブランド13店舗で利用可能なポイント機能付プリペイドカード発行(遠藤商事)

2016年4月4日19:54

遠藤商事・Holdings.は、国内「ナポリ」「ナポリス」「ドロップ」を始めとする同社が展開する飲食店7ブランド13店舗にて利用可能なポイント機能付プリペイドカード「EP CARD(イーピーカード)」を2016年4月1日より発売開始したと発表した。

ポイント機能付プリペイドカード「EP CARD」(出典:遠藤商事・Holdings.)

ポイント機能付プリペイドカード「EP CARD」(出典:遠藤商事・Holdings.)

「EP CARD」は、飲食店ブランド「PIZZERIA BAR NAPOLI」「Napoli’s PIZZA&CAFFÉ」「PIZZA&OYSTER&BAR DROP」「Paella&Tapas Bar Barca」「熟成焼肉食べ放題焼肉先生」「サーティカレー」「代官山カフェ」の7ブランド13店舗で使えるカードとなる。利用者は「EP CARD」を使用することで、キャッシュレスでの決済が可能となる。また、チャージ金額に応じたボーナスチャージがある。

「EP CARD」は、1,000円以上、1,000円単位で10万円までチャージが可能だ。有効期限は、最終利用日から1年間となり、2,000円のチャージで3%(2,060円)、5,000円のチャージで4%(5,200円)、1万円以上のチャージで5%(10,500円)のボーナスが付与される。また、メルマガ会員登録を行うと、さらに1%のボーナスポイントが付与され、初回に100ポイントをプレゼント。メルマガ会員登録でポイントカード機能も利用可能だ。

貯まったポイントは、1ポイント=1円として利用することができる。さらに、「毎月10日、20日、30日はポイン2倍キャンペーン」を実施するという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop