メッセンジャーで搭乗(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年4月12日9:00

フェイスブックのメッセンジャーが進化した。チャットにとどまらない新たな機能を模索していたが、第1弾は搭乗券の受取り通知サービスだ。

 

KLMロイヤルダッチ航空と提携。メッセンジャーでチケットを予約できるようにした。チャット画面に予約確認メッセージを表示し、デジタル航空券をメッセンジャーに送付する。

 

利用者は搭乗がはじまれば通知を受取り、電子搭乗券のQRコードをかざして搭乗する。スケジュールの変更があれば、メッセンジャーに連絡がはいるから安心だ。

 

開発責任者は元ペイパルのCEOデビット・マーカス氏。航空券の予約や受取りのストレスを解消したいという、個人的なニーズから開発したコメントしている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop