再度デビット規制強化か(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年4月17日9:00

米国でデビットカードの上限規制がスタートしたのは、いまから5年前。それをさらに引下げようという動きが出てきた。

 

現在トランザクションあたり約24セントの手数料。しかし、カード発行会社のコスト増分を考えたとしてもまだ高い。米国小売連盟はそうコメントしている。

 

米国小売連盟によると、デビットの上限規制で年間約85億ドルの節約になっているが、その3分の2を消費者に還元しているという。

 

カード発行会社の処理コストをFRBが試算したところ、1件あたり4セントだった。これに基づいて12セントに設定しようという動きがあったが、カード会社のロビー活動で約24セントになった。

今回の動きで、米国議会は引下げに賛同するという見方が強い。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop