キャベッジ英国進出(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年4月18日9:00

米国フィンテックでスモールビジネス融資のキャベッジ(Kabbage)が、英国に進出する。といっても直接融資をするのではなく、サンタンデール銀行へプラットフォームを提供する。

 

キャベッジは5回のラウンドで2億3,865万ドルを調達しているが、2015年10月のシリーズEでは、サンタンデールからも調達している。シリーズEでの調達額は1.35億ドル。

 

スモールビジネスへの融資額は500ポンドから10万ポンド。1カ月のテストの後、本格融資にはいる。キャベッジの特徴はスピード審査とスピード融資実行。サンタンデールでは、審査から融資実行に2週間から12週間かかっていた。

 

キャベッジのリスクスコアリングは、個人信用情報センターやソーシャルメディア、決済情報、銀行口座履歴などを活用している。このノウハウが鍵だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop