米国でICカードはどれだけ拡大したか(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年4月22日9:00

2015年10月、米国でライアビリティシフトがスタートした。カード不正利用を防ぐのが目的だ。そのため、プラスチックカードはICチップ搭載、マーチャント決済端末にはIC読取りが義務づけられた。

2016年3月時点でどれだけIC化が進んだのか。まずはCreditCards.comの調査から。932人のクレジットカード保有者への電話調査では、70%が1枚以上のICカードを保有していることがわかった。

ICカードへの使い勝手はどうか。59%は問題なし。16%が処理に時間がかかる。12%が受付けるマーチャントが少ない。と回答している。

では、マーチャントのICカード受付端末の設置状況はどうか。Strawhecker Groupの調査によると37%。Retail Partnersの調査ではわずか22%となっている。マーチャント普及のハードルは高い。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop