Apple Watch1年後の評価(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年4月24日9:00

Apple Watch発売から1年。どれくらいの人が、どのように使っているのか。マーケティング会社のFluentが調査した。対象は米国成人2,500人。

 

米国成人のApple Watch保有率は、8%と出た。誤差は2%だから、最低でも6%が保有していることになる。米国成人人口は約2億人だから、1,200万人くらいがApple Watchをもっていることになる。

 

どんな使い方が多いのか。Apple Watch保有者の80%がフィットネスと通知だった。ついで音楽操作が75%、66%がE-mailやチャット、そして61%がApple Pay利用だった。

 

Apple Watch保有者の61%がショッピングに利用しているというのは驚きだ。iPhoneで支払うより、Apple Watchで支払う方が、便利でカッコよくみえるからだろうか。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop