壱番屋グループ全店でクレジットカード、銀聯、電子マネー、プリペイドカードの利用が可能に(トヨタファイナンス/JCB)

2016年4月22日19:02

壱番屋は、トヨタファイナンスおよびジェーシービー(JCB)との間で、クレジットカード決済、銀聯カード決済、電子マネー決済を国内全店で導入することについて合意したと発表した。

同サービスは 2016年5月1日より「カレーハウス CoCo壱番屋」、「パスタ・デ・ココ」、「麺屋ここいち」、「にっくい亭」(国内合計1,281店舗:2016年4月22日現在)の導入可能店舗にて利用開始する。

これにより、「Visa」、「MasterCard」、「JCB」、「American Express」、「ダイナースクラブ」、「ディスカバー」、「銀聯カード」の主要国際ブランドおよびトヨタファイナンス発行の「TS CUBIC CARD」のクレジットカード決済サービスが利用できるようになる。

あわせて、電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」、「Suica 等交通系電子マネー」、「iD」、「楽天Edy」、「nanaco」、プリペイドカード「JCB PREMO」が利用できるようになるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop