分割払い・リボ払いにも対応可能なモバイル決済サービス提供(オリコ)

2016年4月25日20:56

オリエントコーポレーション(オリコ)は、2016年4月25日から、ベリトランスが提供する、モバイル(スマートフォンやタブレット)端末を使ってクレジットカード決済ができる「VeriTrans mPOS(ベリトランス エムポス)」を採用した決済サービス「mPOS」の提供を開始すると発表した。

「mPOS」利用の流れ(出典:オリコのプレスリリース)

「mPOS」利用の流れ(出典:オリコのプレスリリース)

オリコのモバイル決済サービスは、専用のカード決済端末をスマートフォンやタブレット端末とBluetooth接続をすることによりカード決済が可能となる。レジへの端末の固定が不要で場所を選ばずどこでもクレジットカード決済が可能となる。また、カード番号情報は暗号化した上で通信され、スマートフォンやタブレット端末には保存されないそうだ。さらに、パソコンで閲覧できる管理者サイトも提供されるため、売上管理も容易に行うことが可能だ。

現在、一般に提供されているモバイル決済サービスは、1 回払い・2 回払いのみ対応するケースが多いが、「mPOS」の場合は 1 回払い、分割(3~24 回)払い、リボルビング払いに対応しているという。

なお、今回の両社の協業は、ベリトランスが提供するマルチ決済サービス「VeriTrans 3G」を採用し、2014年1月よりオリコが提供開始したEC事業者向けのオンライン決済サービス「OricoPayment Plus」に続く第2弾となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop