中国銀聯のスマートウェアラブル向けにセキュアエレメントベースのアプレット供給(ジェムアルト)

2016年4月26日22:48

ジェムアルトは、2016年4月15日、中国銀聯(ユニオンペイ)が発表したスマートウェアラブル向けに、セキュアエレメントベースのアプレットを供給したと発表した。中国銀聯は世界でも主要な決済ネットワークで、2015 年第1四半期の総取引金額は1.9兆ドルに達している。

世界的にスマートウェアラブル機器の人気が高まっており、2019年には総出荷台数が2億台を超えると予測されている。中国銀聯は2015年、セキュアエレメントベースの決済アプリを搭載したスマートウェアラブル機器を発表した。決済アプレットはセキュアエレメント上で動作し、ウェアラブル機器にオンライン、オフライン両方で決済機能を提供する。

これにより、カードベンダーが独自のバージョンを開発する必要がなくなり、さまざまな種類のセキュアエレメントでの決済アプリの展開を簡素化し、製品化までの時間を短縮できるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop