モバイル注文支払い10%に(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年4月27日10:51

カフェやファストフードでのショッピング習慣が急変している。その先鞭をつけたのがスターバックス。モバイル決済の導入で、顧客満足度を高めながら、ストアの生産効率を上げている。

2015年9月22日、スターバックスはモバイル注文支払い(Order & Pay)の全米展開をスタートした。このサービスの人気が高い。

 

アプリで最寄りのスタバを検索。メニューから商品を選んで注文し、支払いを完了すると、受取可能時間の通知がすぐ届く。あとは、アプリのナビゲーションでスタバに行き、商品をピックアップするだけでいい。

 

モバイル決済が最も使われるスタバでは、トランザクションの10%がモバイル注文支払いだという。全社では月間600万件のトランザクションになっている。

 

店頭のレジに並ぶ必要がなく、すぐに受取れるという利便性が好評を博している。スタバでは、注文受付の時間短縮になり、レジでの決済時間も省略できるため、生産性が高い。事前支払いだから、未収リスクはゼロだ。

モバイル注文支払いはスターバックス以外にも、タコベルやチポトレ、ピザハット、ダンキンドーナツなどのファストフード店に拡大している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop