インドのモバイルウォレット企業の「MobiKwik」に出資(GMO-PG)

2016年4月27日17:16

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、2016年4月27日に、決済特化型ファンド「GMO Global Payment Fund」を通じて、インドでモバイルウォレットを展開するOne Mobikwik Systems Private Limited(モビクイック)に対しての出資を行ったと発表した。

MobiKwikのモバイルウォレット(出典:GMO-PGのプレスリリース)

MobiKwikのモバイルウォレット(出典:GMO-PGのプレスリリース)

インドは人口12億人(2013年)・GDP約2.2兆米ドル(2015年)に達しており、2020年には人口14億人・GDP 3.4兆米ドルになると予測されている。なかでも、国内のEC市場は急速に拡大しており、2015年140億米ドルから2025年には2,200億米ドルになると予測されている。また、スマートフォンを含む携帯電話(モバイル)の加入者数は、2015年10月時点で10億人を超え、その普及率は人口の約80%以上と推測される。

一方、インドでは銀行口座を保有する人が人口の半分ほどで、クレジットカードの普及率に至っては人口の約5%以下に留まる。そのためスマートフォンなど携帯電話があればネットショップ・公共料金・実店舗などでの決済ができるモバイルウォレットは、現金以外の決済手段として一般化しつつあり、その市場規模は2020年までに66億米ドルに到達する見込みだ。

そこでGMO-PGでは、インドの有力な成長企業を新たな戦略的事業パートナーとするべく、モバイルウォレットを展開する同国2大企業の1つであるMobiKwikに対し、「GMO Global Payment Fund」を通じて出資をした。今回の出資は、スマートフォンに強みを持つ半導体設計企業MediaTekと共にリードインベスターとなり、ベンチャーキャピタル大手セコイア・キャピタル等と行う共同出資となる。

なお、GMO-PGは、海外において、シンガポール・香港・台湾・マレーシア・タイの5拠点に現地法人等を設立し、同地域またはその周辺地域に進出する日本のEC事業者向けの海外決済サービス「Z.com Payment」の展開と、現地で有望な決済関連事業者を対象とした決済特化型のファンド「GMO Global Payment Fund」による出資活動の両輪で、 シナジーを発揮させながらアジア圏での事業拡大する海外戦略を推進している。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMO

03-3464-2323
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル7F

GMO-PGは、ネットショップや SNS・スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKなど月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など5万4,000店舗(GMOペイメントゲートウェイグループ2015年3月現在)の加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop