大分県自動車税のクレジットカード納付で採用(トヨタファイナンス)

2016年4月28日12:59

トヨタファイナンスは、このほど大分県より「平成28年度大分県自動車税(定期課税分)」に関する指定代理納付者の指定を受け、GMOペイメントゲートウェイとの提携により、大分県自動車税のクレジットカードによる納付業務の取り扱いを開始すると発表した。

納付業務の流れ(出典:トヨタファイナンス)

納付業務の流れ(出典:トヨタファイナンス)

利用期間は、4月28日~5月31日午後11時までとなり、Visa、MasterCard、Diners Club、American Expressのマークのあるカードが対象となる。利用者は、パソコンやスマートフォンから「大分県自動車税クレジット納税サイト」へアクセスし納付できる。決済手数料は1件につき300円(税別)。

クレジットカード決済は、物販分野をはじめとしたさまざまなシーンにおいて、対面・非対面を問わず一般的なお支払い手段として定着してきたが、最近では公共料金や税金分野などの領域においても、利用が広がってきている。利用者は、インターネットで自動車税の税納付手続きを済ませることができる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop